日常生活上の注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

思春期の扉を開けたばかりの十代前半の皆さんのスキンケアは、大人達のそれとは違い、各種化粧品を駆使したり、更にはエステサロンに通うなどの選択肢は基本見当たりません。皆さん自身が日常生活の中で習慣化出来る手段を正しく実践する事で、思春期ニキビ発症を予防する姿勢が大切です。

まずは洗顔に関してですが、回数と用いる洗顔剤の選択の2点がポイントです。とりわけ夏場などは洗顔回数も増えがちですが、冷たい真水でゴシゴシ洗顔からタオルでゴシゴシと拭いてオシマイを重ねれば、結果ニキビ発症を手助けをしています。真水での洗顔だけを終えた状況では皮膚の表面は急速に乾燥状態となり、そこにタオルの毛足を擦りつければ、それだけで皮膚の表面に細かい傷をつけてしまうリスクが避けられません。この状況下から皮膚を守るべく、皮脂は分泌量を増す事で対抗した結果余分な皮脂が毛穴を塞いでしまえば、思春期ニキビ発症のスタンバイ完了となってしまいます。

また研磨剤系が多く含まれた洗顔石鹸を用いるのも危険です。先に述べた状況から更に皮膚上を研磨すなわち「削り落とす」作業を加えれば、元来適量が皮膚上に存在していなければならぬ必要な皮脂までも除去してしまいます。私達が単純に「気持ち良い!」と感じる行為が結果、思春期ニキビを手招きしてしまうメカニズムを正しく理解しておきましょう。

化粧水や乳液をつけて、保湿をするように注意してあげてください。最近では砂糖の入ったスキンケアも販売されています。洗顔後に砂糖が入ったスキンケアあと使用すると、化粧水や乳液の浸透力が高まり、保湿も長持ちします。また、ニキビ予防のスキンケア通販を行っている“みんなの肌潤糖”では、砂糖が含まれたスキンケアを販売しています。

砂糖の「浸透力」によって、
水分をしっかり内部まで浸透させ、
「吸水・保湿力」によって、水分をしっかりキープしているからなんです。

また、砂糖には「殺菌力」があることから、
ジャムなどの保存食品にも昔から使われてきました。

参考にしてみてはいかがでしょうか。

保護者の皆様へ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

思春期ニキビに悩むお子様のケアに際しては、保護者の皆様の適切なフォローが欠かせません。心身の急成長期であるこの時期、お子様の心身は非常に不安定であり、たかがニキビだと処置の初動が遅れてしまう、誤った対策を講じてしまった場合、症状を一気に悪化させてしまうリスクが否めません。

まずは思春期ニキビが発症しやすい季節ですが、皮脂の分泌が活性化する春から夏が要注意です。夏季大量の紫外線を浴びた肌は角質層が厚みを増し、皮膚上の皮脂が一気に毛穴を塞いでしまい、ニキビ発症へと加速度をつけてしまいます。更に学校生活に於ける精神的なストレスも大きく影響します。お子様の肌や感情面のコンディションに意識を向けてあげてください

また思春期ニキビが発症しやすい部位はやはり顔面で、いわゆるTゾーンと称される部分に集中しています。また第二次性徴期には男女を問わず、一時的に男性ホルモンの体内分泌量の増加から皮脂分泌も活性化する傾向が見られます。このホルモンバランスが不安定な状況もまた、思春期ニキビ誘発の一因です。ちなみに睡眠不足、偏食などもホルモンバランスの不均衡に繋がります。お子様の生活習慣にも配慮してあげる事を通じ、思春期ニキビの発症を抑制してあげてください。

思春期とニキビ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ここでは思春期ニキビが出来るメカニズムに関しての説明から話をスタートします。皆さんの皮膚がどのような状況となった時にニキビ発症に繋がるのか、まずは正しく理解しておきましょう。

結論からお伝えすれば「ニキビの原因は毛穴の詰まり」と断言出来ます。ニキビは毛穴を中心にその内部が赤くはれ上がった状態であり、毛穴に外部からニキビを誘発する物質が混入する事で発症します。このニキビを誘発する物質は私達の体内すなわち皮膚組織の内側から分泌され、皮脂と呼ばれています。皮脂は皮膚の表面上の潤いを適度に保つ役割を担い、通常適量が常に存在すべき物質です。ところがさまざまな要因で皮膚をプロテクトせねばならない状況となれば、防御機能を果たすべくより多くの皮脂が分泌されます。結果皮膚上に余ってしまった皮脂が行き場を失い、毛穴を塞いでしまうのです。これがニキビ発症の準備が整ってしまった状態です。

だからこそ毛穴の詰まりを予防する日常的なスキンケアが大切ですが、分単位でスケジュールが定められている学校内では、それも十分に叶いません。大切なのは皆さんのプライベートタイムでのスキンケアの継続的な実践であり、正しい製品のチョイスがその第一歩となります。

スキンケアで早期予防

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

大人達はその昔から「青春のシンボル」などと微笑ましく語りがちですが、思春期を迎えた当事者からすれば、この厄介な存在は人生最大の天敵と称しても過言ではありません。思春期ニキビは当事者にとってそれ程までに厄介な存在である事を、親となった大人達は忘れてしまうのでしょうか。

時代の変化と共に、学校などの教育施設の衛生面こそ一昔前と比較して、大いなる改善が実現されていますが、それでも中高生の集団生活のタイムスケジュールは、スキンケアとは程遠い過密日程の連続である事に違いはありません。僅かな休息時間で着替えての炎天下での体育の授業から、十分な洗顔保湿の時間すら確保出来ず、再び既に汗まみれの学生服に袖を通し、今度は冷房が効いた教室内での授業です。これでは急成長期で不安定な皮膚が悲鳴を上げ、ニキビ発症に繋がって当然でしょう。とりわけ運動部に所属している皆さんであれば、放課後も汗と砂まみれでの過酷な練習中、汗を拭う行為すら不十分な環境の中、常に皮膚は悲鳴を上げ続けている状況と表現してもオーバーではありません。

ですが教育の現場の環境のみならず、思春期ニキビを防ぐ効果が謳われる各種スキンケア商品もまた、更なる進化を見せているのも事実です。インターネット上などで語られる数々の情報の中には、正直怪しいノウハウも混じっているのが現状です。ここでは思春期真っ只中の皆さんに、天敵ニキビの発症予防に際してぜひ知っておいていただきたい正しい基礎知識をお教えします。